山菜

春の山菜、コゴミ(クサソテツ)を茹でて食べてみた!

コゴミという山菜があると知ったのは大人になってからでした。
ワラビやゼンマイなら知っていましたけど・・・コゴミとは?

近所の人に見せられたのは魔法のステッキに草が生えちゃったような物体。クサソテツともいうらしい。でも、どっちの名前でも知りませんでした。名前を知らなければ当然食べ方も知りません。

近所の人に「たくさん採って来たからわけてあげる」と言われたものの、
私、

 

アク抜きに手間のかかる山菜は無理・・・

 

と断ろうとしたら・・・な、なんと!

 

アク抜き不要で軽く茹でて食べられるとか!

 

以降、私は春の山菜の中ではコゴミが一番好きになりました♪

 

コゴミを採りに行こう!

コゴミが出るシーズンは春です。
地域によって出る時期が違うので、具体的に何月!と言えないんですが、私の住んでいる地域では4月10日頃から出てきます。

河原に生えている、このくらいの状態のものを採って来ます。

山菜は乱獲NG!

コゴミを採る時のポイントは、

 

乱獲しない。

 

という事。
これに尽きます。

 

冒頭で私にコゴミをわけてくれた近所の人は、本当に親切で優しく気前が良い人なんですが、たぶん

 

乱獲してる。

 

私がコゴミをもらった数年後、「年々、生えて来るコゴミの量が減ってきた」と言っていました。きっと、採り過ぎちゃったんでしょう。

いっぱい生えていても、人の分まで採っちゃダメ・・・。自分の家で美味しく食べられる量を採るようにして、もし、食べ切れる量しか生えていなかったら、全部採らずにその植物が光合成して生きていけるだけの葉の枚数は残してあげて下さい。

私も採ってくるのは、一握り・・・。春の味覚を楽しむ程度です。
コゴミでお腹いっぱいになろうとは思わない。
春の野には食べるものいっぱいありますからね♪

 

適期のコゴミがなかったら、先端だけ採取

その年により、なかなか芽が出なかったり、逆に見に行ってみたら育ちすぎちゃってたり、という事はありますよね。そんな時には、葉の先端の数センチ、指でポキッと折れるところは柔らかくて食べることができます。大きく育ったアスパラも、根本は硬いけど、先端のところは食べられる。そんなイメージで。硬い根元から採らずに下のほうは残してあげると株にも負担がかからなくていいと思います。

下処理不要!コゴミは茹でるだけの山菜

冒頭にも書きましたが、コゴミはアク抜きや下処理が全然いらない山菜なのです。

私みたいなズボラで面倒がりな人にピッタリ♪

 

もっとも、本当にズボラだったら

 

スーパーで野菜を買う。

 

と、旦那には言われていますが、採るところまでは楽しい!初めて食べる物を口にするのも楽しい!でも、決定的に

 

料理したい。

 

という感情には欠けている私です(笑)

 

なので、茹でるだけでOK!という食材はありがたいです♪

 

と、いうことで、茹でただけのコゴミをマヨネーズで頂きました。

 

サクサクした歯ごたえが美味しい~!!

そして少しのぬめりがあります。

 

オクラやモロヘイヤが好きな人は絶対好きだと思うなぁ!

 

ポン酢と鰹節で食べるのも美味しいし、天ぷらにしてもいいみたいだけど、私は断然マヨネーズで食べるのが好き♪

機会があったら、是非食べて見てほしい春の味覚です♪

 

コゴミの食べ方 まとめ

・春のほんの短い時期が旬
・野に採りに行く時は乱獲しないで欲しいなぁ
・アク抜きや下処理は不要!茹でるだけでOK
・サクサクな歯ごたえと、ぬめりが美味しいよ♪

評価:毎年リピートして食べている山菜です。文句なく美味しい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です