園芸品種いろいろ

ジャガイモの実はどんな味か確かめてみた件!

こんにちは、私です。

人類とは時々欲望に負け、無茶な事をするものだと思います。

本日はどんな話がしたいかと申しますと

 

ジャガイモの実は毒があるから食っちゃダメ!!

 

というブログ記事を執筆している途中でどうしてもジャガイモの実の味見がしてみたくなり、

 

口に入れてしまいました・・・( ̄∇ ̄;)

 

という内容なのです・・・。

 

ああ、なんという意志薄弱な私。

しかし同時に、

 

ジャガイモの実が目の前にあるという貴重なチャンスを逃さず

 

よくやった!!

 

と、自分を褒めてあげたいような気もします。

 

ジャガイモの実が黄色っぽく熟していたから切ってみた

庭の畑のキタアカリに実が生っていたことは知っていたのですが、毒があるって話だし、ゲテモノを食べる趣味はないし。なにより見た目が緑色で全然美味しそうじゃないし。

ってことで、放っておいたんですね。

ジャガイモを掘って収穫した後の茎をポイッとその辺に投げておいて、数日経って嵩が減ってから茎を別の場所(コンポスト)に移動したんです。そしたら、最初に放っておいた場所に、コロコロとジャガイモの実が落ちていまして・・・。前に見た時より追熟が進んでいる感じで黄色くなっていて・・・ああ、

 

中身って切ったらどんな感じなのかな?

 

と、ただそれだけの好奇心だったわけです。

んで、震えていたかもしれない指先で、ジャガイモの実を横に…赤道方向に切ってみたら、中身はこんなでした!

 

ジャーン!

思っていたのとちょっと違う・・・っていうか、中身はどんなんだろう?って想像すらしていなかったけれど、少なくとも『こういうんじゃない』と思いました。

 

ジャガイモの実は、もっとナスみたいな感じでふかふかしているんじゃないかと思ったのに、案外ジューシー。ゼリー部のないトマトの実みたい。

へー、ほー、ふーん、と写真を撮り、見て満足したので、これでお役御免でポイしようかな、と思った時に、

 

ジャガイモの実はどんな匂いなんだろう?

 

という素朴な疑問が生まれまして。

まぁ、嗅ぎますよね。

きっと、青臭いみたいな匂いなんだろうなーと。

そしたら・・・

 

グアバ?

 

トロピカルフルーツの、グアバみたいな香りがしました!

 

ジャガイモの実はどんな味?

ジャガイモの実を嗅いだらグアバみたいな香りがして、俄然興味がわきました。
と、言っても、グアバを食べた事がある人も少なかろうと思います。

私がイメージしたのは普通のグアバのほうで、キミノバンジロウ(イエローストロベリーグアバ)のほうではなかったのですが、よく考えるとこの切断面はキミノバンジロウに似てはいないか?と。写真がなくてすみませんが。

んで、こーんなグアバみたいな香りがしたらどんな味なのかちょこっと味見してみたいって思うじゃーん!

口に入れてみたとしても、飲み込まずに吐き出せばオッケー!

ってことで、なめてみたら、ほんのりしたマイルドな酸味がある感じ。

舌がしびれるとか、えぐみがすごいみたいな事は無し!

この時点で、私のジャガイモの実に対する警戒心はグッと引き下がりました。

まぁまぁ、口に入れて

 

ペーーッ!!!!

 

ってなるなんて、渋柿でだいぶ慣れているし、最悪が吐いてお腹を下す程度なら問題ないっしょ!

 

でも念のため、過食防止にスイカみたいな形に切ってみた!

ほんのちょこっとだし、大丈夫だって!

果実の中央部分に口をつけてみたら、あー、なるほど・・・

 

スイカ?

 

食感はふにゃっとした感じで、スイカの甘くない未熟果みたいな味のイメージ。
えぐみやにがみや青臭さは全くない。

ただ、

 

すごい恐怖感が・・・。

 

ジャガイモの実は毒だって思っているから、「毒はどこ!?」って毒探しをしているみたいな。ロシアンルーレットのジャガイモバージョン、みたいな!

果実の中央部分は薄ら甘く薄ら酸味のスイカ味で、恐怖心さえなければなんてことないんだけれど、表皮に近づくにつれて舌先に得も言われぬ

 

『やめとけ感』が募ってくる。

 

自分の直感に従い、中央部分を食べたところで止めておきました。

 

ということで、ジャガイモの実の味の感想は、

 

まぁ、食えなくもないけど、

 

食う必要もない。

 

という感じ。

 

一般的には食べる物では全然ないので、この記事を見て食べてみようと思う人がいたら、

 

物好きだねぇ。

 

と思います。

くれぐれも、嘔吐とハライタには気をつけて~!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です